MENU

薬物療法による肝臓への影響とは

薬物療法による肝臓への影響とは

肝臓というと、お酒の影響が大きいイメージが定着しています。
しかし、肝臓病全体の割合をみると、お酒が影響するアルコール性はそれほど高くありません。

 

アルコールは影響しますが、それだけが原因ではないので、お酒を飲まない人でも注意が必要です。
食事のとり過ぎ、脂質や糖質などの過剰摂取も肝臓を弱らせてしまいます。

 

ただ、これ以外にも原因があります。

 

今服用中のお薬が、肝臓に思わぬ影響を与えてしまうリスクがあります。

 

 

薬を飲んでいる方は、何らかの目的のために利用していると思いますが、効能の反面、肝臓に負担をかけることがあります。

 

処方薬によって肝臓の調子が低下している可能性がある場合は、主治医に相談するようにしてください。

また、市販薬は自己責任になりますが、長期的な服用はやめましょう。

 

もちろん薬は特定の効果があるので、決して悪者とは言えません。
ですが、体にとってはもともと有害物質であることに違いありません。
そのため、薬を服用したとき、肝臓内で解毒を行います。

 

つまり、薬を飲むほどに肝臓で解毒作用が行われ続けるため、肝臓の調子が弱まってしまいます。

 

とくに体の調子が悪いときなどは薬による影響が増大する可能性もありますし、それが肝臓の疲労によって起こっている可能性もあります。

 

 

また、薬の服用の仕方でも影響には差が出ます。

 

極端な話、薬に依存して、用法用量を守らずに服用してしまうと、大きな負担が肝臓にかかって、肝機能の低下を促してしまいます。

 

薬を利用する場合には、用法用量を必ず守り、必要に応じて医師や薬剤師に相談するようにしてください。

肝臓に良いサプリメントランキング

 

肝臓

レバリズム-Lの特徴

レバリズム-Lは、肝臓の健康に良い素材がギッシリと詰まったサプリメントです。 原材料の厳選から開発までに長期間かけて作られたこだわりのサプリで、その中には、海のミルクと呼ばれ肝臓に良い食材の代表格である牡蠣をはじめ、しじみやスクワレンを使用しています。 他にも、肝臓の解毒作用を助けるシスチンの他、ビタミンB2やビタミンEなどを配合。初回価格は980円です。

価格 980円
評価 評価5
備考 初回価格
レバリズム-Lの総評

(50代/男性)
しじみや牡蠣の魚介類のにおいがほとんどありません。あまり魚介類が得意ではないのですが、これはクセがないので毎日続けられています。 最近は体の調子が良くなってきましたし、付き合いで夜遅くまで飲んでしまった翌朝もスッキリしています。

 

肝臓

肝パワーEプラスの特徴

肝パワーE+(プラス)は、発売より20年以上も経ちますが今もなお選ばれ続けている大ヒット商品です。 肝臓に良いとされる牡蠣の栄養素や、スタミナを増強させるにんにく、疲労回復に良い南高梅などを使用しています。それぞれ国産のものにこだわり、安全性からみても優秀。 これひとつで、タウリンや亜鉛、グリコーゲンなど肝臓に良い成分から、健康支えるアリシンやクエン酸などを補うことができます。お試し価格は980円とリーズナブル。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 お試し価格
肝パワーEプラスの総評

(50代/男性)
いろいろ試しましたが、これが一番でした。 毎日飲んでいて、明らかに体の調子が違います。 最初はお酒を飲んでも飲まれにくくなり、二日酔いがなくなりました。 最近は疲れにくくなったように感じます。健康診断の結果も良かったので、やめる理由がありません。

 

肝臓

きなりの特徴

きなりは厚生労働省が摂取を推奨するDHA・EPAを高配合したサプリメントです。 1日分の摂取目安の約半分をカバーできる配合量が最大のポイント。さらに、DHAやEPAを酸化から守るアスタキサンチンを含むクリルオイルを使用しているため、効果的に体内にDHA・EPAを取り入れることができます。 他にも、血栓を溶かす納豆成分のナットウキナーゼを配合しています。青魚や納豆に含まれる成分が詰まっていますが、独特の風味は気になりません。 これらの成分が、今増えている脂肪肝対策をサポートしてくれます。なお、血液サラサラに効果的であるため、生活習慣病対策になります。 初回は1,980円でお試しいただけます。

価格 1,980円
評価 評価2.5
備考 初回定期
きなりの総評

(50代/女性)
生活習慣病対策のために毎日服用しています。最近は夫も一緒に飲んでいます。 すぐに変化が出るわけではないのですが、以前に比べると確実に体の調子が良い傾向にあると思います。 体の中からスッキリしている気がしますし、これなら生活習慣病対策になりそうと期待できます。