MENU

肝臓ガンは怖い!治療法はある?

肝臓ガンは怖い!治療法はある?

ガン(癌)と聞いて、皆さんはどのような印象を持たれるでしょうか。
病気の中でも、それはそれは恐ろしい病気という印象があると思います。
ガンにも種類がありますが、日本人の死因に当てはまる病気です。

 

肝臓でも、ガン細胞は発生しガンを発症することがあります。

 

肝臓病の中でも肝臓ガンはステージが進んでいる状態ですが、突如として(自分の意識的に)起こることもあります。
そしてこれはもちろん、生死に関わります。

 

男性におけるガンの死因のデータでは、第3位とされています。事実、年間約3万人が肝臓ガンで死亡していると言われています。

 

肝臓ガンは生死に関わる病気で、決して治ると断言することはできません。しかし、諦めることもありません。

 

医学は進歩していますから、治る可能性はあります。

 

抗ガン剤や外科手術の治療もありますが、最新のガン治療では、「凍結療法」という方法があります。

 

これは、ガンを切除するのではなく、凍結させる方法になっています。
患部であるガン細胞を凍結させることによって、ガンの進行を抑えます。また、完治率も高く、90%が完治しているというデータもあります。

 

体にかかる負担、費用的な負担も少なく、メリットの多い治療法です。もし万一、肝臓ガンを発症してしまった場合は、凍結療法も検討してみてはいかがでしょうか。

 

しかし健やかに生きていくためには、やはり、予防することが先決と言えます。

 

肝臓ガンは、肝臓の調子が低下することでも起こりますから、肝臓の負担を軽減するために生活習慣を見直すようにしましょう。