MENU

肝臓の疲労回復方法とは

肝臓の疲労回復方法とは

肝臓はフル回転しています。起きている間、常に働いている臓器であるため、私たちが仕事などで疲れるように、肝臓も疲れを溜めこんでしまいます。

 

とくにお酒を飲む機会が増えたり、不摂生な生活を続けていると、肝臓はどんどん疲労を蓄積していきます。

 

 

肝臓が疲れること自体が病気ではないと言っても、そこから肝機能の低下を招いてしまうので、疲れを取り除くようにしましょう。

 

肝臓の疲労を回復させる方法

 

肝臓に一番負担をかける「お酒」を控えるようにしてください。

肝臓の疲労回復方法とは

とくに二日酔いになりやすい、お酒に弱くなったと感じる方は肝臓が疲れ、弱っているサインです。

 

禁酒を1ヶ月続けるだけでも、肝臓の数値に変化があらわれます。
禁酒後も、お酒の量や飲み方には気を付けるようにしてください。

休肝日は必ず設ける

肝臓

多量の飲酒を続けていると、アルコールの解毒を行う肝臓を酷使することになるため、アルコール性の病気を引き起こします。
医師にお酒を飲んでも良いと言われている場合でも、休肝日は必ず設けるようにしてください。

バランスのとれた食事を取る

肝臓

お酒だけが悪影響になるわけではありません。乱れた食生活も、肝臓に負担をかけます。
刺激物や脂質の取り過ぎ、添加物の取り過ぎは肝臓を疲れさせる原因になるので、バランスのとれた食事を意識してください。

 

肝臓に良い成分を取り入れる

肝臓の疲労回復方法とは

肝臓に良いと言われる牡蠣やしじみ、抗酸化成分を含む野菜などを積極的に食事に取り入れましょう。

 

 

温熱療法も疲労回復に効果あり

肝臓の疲労回復方法とは

肝臓の疲労回復には、温熱療法も効くとされています。腹部の右部分を温めるようにすると、肝臓がポカポカになり、血行が促進されて肝機能も回復していきます。
ホットタオルでピンポイントで温めたり、入浴するなどして温めるようにしましょう。

十分な休息を確保

肝臓

休息も欠かせません。なるべく睡眠時間を確保して、リラックスした状態で眠るようにしましょう。