MENU

肝臓の働きとは

肝臓の働きとは

心臓や胃などさまざまな臓器がある中でも、肝臓は特別大きいことが特徴です。

 

もちろん、ただサイズが大きいだけではなく、重要な働きを担っています。

 

解毒

 

肝臓というと、お酒と関連があるイメージが定着していると思います。

 

事実、お酒から摂り込んだアルコールは、肝臓内で解毒化されて無害化し、排尿させる仕組みになっています。

 

しかしこれだけが、肝臓の働きではありません。

 

 

解毒の働きにおいては、アルコールに限らず、アンモニアや薬などで摂取したものを解毒化する役割も果たしています。
そのため、お酒を摂り過ぎていると、他のものが解毒できなくなり、肝機能も低下していくので注意が必要です。

代謝

食べ物から私たちは糖やタンパク質などの栄養を摂取しますが、それらはまず肝臓内で代謝されます。体の中で使える形に変換して、栄養を貯蔵する役割を果たしていて、必要時に応じて供給される仕組みになっています。

胆汁も生成

肝臓内では胆汁も生成されています。胆汁は老廃物を排出するために必要な物質で、それを生成するだけでなく、分泌を行うのも肝臓の役割です。
胆汁は胆管を通過する際に濃縮されてから、また胆管を通過して十二指腸に運搬される仕組みになっており、脂肪の消化吸収に関わっています。

 

 

肝臓の働きは大まかにみても、この通り、解毒や代謝、胆汁を作るなど、生命活動にとって重要な役割をいくつも果たしています。

したがって、肝臓が弱ると、これらの働きが正常に行われなくなり、トラブルを引き起こしてしまいます。