MENU

肝臓のために休肝日を設けよう!

肝臓のために休肝日を設けよう!

休肝日とは、その文字通り「”肝”臓を”休”める”日”」のことです。
お酒を頻繁に飲む人、お酒が好きな人には、休肝日を設ける習慣をおすすめします。

 

多量の飲酒は肝臓にとって大きな影響を及ぼします。

 

肝臓は実に多くの働きをになっています。

 

お酒を摂取すると、

 

  1. アルコールを分解することを優先的に行います。
  2. その他の代謝機能や胆汁を生成するなどの働きが疎かになる可能性。
  3. さらにお酒を飲み過ぎることで、肝臓に負担をかけて、肝臓の調子が弱ってしまいます。

 

 

 

休肝日を作ることは、メリットはあってもデメリットはありません。
肝臓に余計な働きをさせないことによって、肝臓の疲労を軽減できることが第一のメリットです。

 

これによって、肝機能の向上や肝臓の回復も夢ではありません。

 

また、休肝日を作ることは、肝臓以外にも良い効果が起こります。

 

お酒を飲んでいると、寝ても寝た気がしない、日中に眠気が出ることがあると思います。

 

休肝日を設けると、そのような睡眠障害も防げます。眠りも上質になるため、ゆっくりと体を休めることができますし、眠りが浅い、頻繁に目が覚めるなどの不快な状況を防げます。

 

良質な睡眠がとれると、肝臓だけでなく肉体的にも体の疲れを取り除くことができます。

 

 

次に、消化器官も修復されることがメリットです。

お酒を大量に飲むことは胃腸の粘膜が荒れる原因にもなるため、これを防ぐことができ、消化器官を健康な状態に維持できます。

 

この通り、休肝日を作ることにメリットはありますが、デメリットはありません。肝臓