MENU

肝臓に良いお酒の飲み方はある?

肝臓に良いお酒の飲み方はある?

肝臓に負担をかける原因は生活習慣にあり、飲酒や食生活の乱れなどが挙げられます。

 

とくに飲酒による影響が大きいと考えられていますよね。
アルコール性と分類され、アルコール性脂肪肝やアルコール性肝炎は、お酒が原因の肝臓病です。

 

肝臓の健康を考えると、禁酒が一番です。

 

お酒を飲んで摂取したアルコールは肝臓に運ばれて、解毒される仕組みになっています。そのため、お酒を飲むほどアルコールの解毒作用が繰り返されて、肝臓が弱ってしまいます。

 

とはいっても、よく「適度なお酒は良い」などと言いますよね。
実際、アルコールの適量の摂取は、血液循環を良くするなどの効果があると言われています。

 

肝機能が著しく低下し、肝臓の調子が悪いときには禁酒が必要ですが、まだ肝臓が健康で今後の肝臓の調子を考える程度であれば、飲酒を控える必要もありません。(指示については医師に従ってください)

 

肝臓を良い状態に保つためには、お酒を飲むとしても、その飲み方が重要になります。

 

とにかく大量に飲む、つい飲み過ぎる、毎日飲むなどの飲酒状態は肝臓に大きな負担をかけます。

 

肝臓の調子を崩さないためには、休肝日を設けて、一度に飲む量も適度なものに抑える必要があります。

 

どうしても飲みの席で、お酒を飲まなければいけないシチュエーションもあると思います。その場合も、自宅で一人で飲むときでも、チェイサーをいれましょう。

 

お酒を飲みながら、こまめに普通のお水を飲むようにすることで、アルコールの分解がスムーズに行われるため、肝臓への負担を軽減することができます。烏龍茶などでも構いません。

 

休肝日を作ることも大切です。お酒が趣味、お酒が好きな方も、週に数回はお酒を飲まない日を作るようにしてください。

 

また、お酒を飲むときのおつまみにも気を配りましょう。

 

脂っこい食べ物、たとえばポテトフライやから揚げなどをつまみにすると、余計に肝臓に負担をかけて脂肪肝などを誘発します。

 

牡蠣やしじみなどの肝臓に良い食べ物、野菜などがおつまみには最適です。