MENU

肝臓に効くスルフォラファンとは

肝臓に効くスルフォラファンとは

肝臓に効く栄養素、有効成分はいろいろとありますよね。

 

タウリンやオルニチン、亜鉛などが効くことで有名ですが、今話題を集めているのが、「スルフォラファン」という成分です。

 

 

新成分とされているスルフォラファンは、肝臓に良いと話題になっています。

 

そもそも、スルフォラファンとは一体どのような成分なのでしょうか。比較的新しい成分なので、よく分からないという方も少なくないと思います。

 

 

まず、スルフォラファンについて、簡単にご説明いたします。

 

スルフォラファンが派遣されたのは、2014年と新成分と呼ばれるように、最近のことです。

 

同年11月19日に、東海大学医学部付属東京病院とカゴメ株式会社によって、ブロッコリー新芽由来成分が、肝臓の機能改善に効くと発表したことから話題になっています。

 

 

つまり、ブロッコリースプラウト=ブロッコリーの新芽に豊富に含まれる成分のことです。

 

肝心の効果については調査も行われています。
スルフォラファンのサプリメントを1日3錠、3ヶ月継続して摂取したグループと、摂取しない人とで肝臓の機能をチェックした結果、サプリメントを摂取している人の方が肝機能の効果があります。また、スルフォラファン自体に、化学物質を解毒する働きがあるとされています。

 

 

このように効果が確認されていて、カゴメのスルフォラファンというサプリメントが、健康意識の高い方に人気を集めています。

 

また、肝臓以外の効果も期待できることから、最近では市販のブロッコリースプラウトも、有効成分を売りにしている傾向があるように感じます。

 

ちなみに、普通のブロッコリーに比べても、スルフォラファンは新芽の方が多いですし、その他のビタミンやミネラルも豊富に含まれていると言われています。