MENU

お酒以外の肝臓が弱る原因とは

お酒以外の肝臓が弱る原因とは

肝臓が弱まり肝機能が低下し、病気を発症する原因は、アルコールだけではありません。

 

お酒はもともと飲まないから、肝臓が弱るわけがない」と油断していると、知らずの間に肝臓の状態が悪くなることがあります。注意してください。

 

そもそも肝臓病の全体の割合をみると、お酒が原因ではないケースが多いとされています。

 

お酒による肝臓病をアルコール性と言いますが、「非アルコール性」といって、お酒関係なく肝臓病を発症することがあります。

 

ウイルス性もありますが、生活習慣で関わっているのが、「食生活」です。

 

肝臓病の中でも初期段階である脂肪肝も、主な原因は食生活と言われています。

 

  • 脂質
  • カロリー
  • 添加物
  • 刺激物(香辛料、糖分)

以上の取り過ぎが、肝臓にお酒を多量に飲むのと同じく、大きな負担をかける原因になります。

 

1日くらい辛い物を食べても、つい食べ過ぎてしまっても、さほど問題はありません。ですが、それを毎日のように繰り返し、偏った食生活を送っていると、だんだんと肝臓は機能が低下していきます。

 

 

また、食べる時間も問題です。
たとえ昼間にほとんど食事を摂らなくても、寝る直前や深夜に食事を摂ると、その代謝を肝臓が行うため、寝ている間も肝臓が働くことになります。つまり、肝臓は休む暇なく働きづめ状態になるため、徐々に疲労が蓄積し、機能も低下します。

 

食生活が乱れていても、異変は感じられないと思います。というのも、肝臓は調子が低下しても自覚症状がほとんど出ないからです。
そのため、初期段階である脂肪肝を発症し、そのまま進行して重篤な状態になることもありえます。

 

お酒を飲まないからと安心せずに、食事もきちんと見直して、規則正しい生活を心掛けましょう。