MENU

肝臓に良い食事とは

肝臓に良い食べ物、食事とは

健康は食生活で左右されると言っても過言ではありません。それは、肝臓における健康でも同じです。

 

肝臓の健康を維持するためには、今からでも食生活の改善を始めましょう。

 

肝臓に悪い食事についても解説しますが、今回は肝臓に良い食事についてご紹介いたします。

 

 

まず第一に、「栄養バランスのとれた食事」がとれていると、そうそう健康被害が起きることはありません。

 

満遍なくさまざまな栄養素を摂るように心がけてください。

 

 

肝臓の健康を意識される方には、とくに「タウリン、オルニチン、抗酸化成分」を積極的に摂るようにしましょう。

 

タウリンやオルニチンはしじみや牡蠣に含まれる栄養素で、肝機能の向上や肝臓の数値改善に効くと言われている栄養素です。
これらの成分は、サプリメントで補うこともできます。

 

 

抗酸化成分は、たとえば、ビタミンCやビタミンE、イソフラボン、リコピン、ポリフェノールなどが該当します。

 

これらの抗酸化成分は、肝細胞にダメージを与える活性酸素を除去する役割を果たすため、肝臓の健康維持になります。同時に体全体の酸化防止になります。

 

もともと体内では抗酸化物質は生成されていますが、加齢とともに減っていくので、より意識的に摂るようにしてください。

 

 

また、肝臓の働きに着目すると、解毒作用を持つ食べ物も肝臓の健康におすすめです。

 

肝臓はアルコールなどを解毒する働きがありますが、それを食べ物の栄養素でフォローできると、肝臓の負担が軽減されて健康維持になります。

 

たとえば、トマトやかぶなどがおすめの食べ物です。

肝臓をパワーアップ!おすすめサプリなび

突然ですが、皆さんの肝臓は健康ですか?
肝臓は臓器の中でも大きく、体にとって重要な役割をになっています。
健康状態など目に見えて分かるものではありません。血液検査などで、調べないと肝臓の健康を知ることができません。

 

もしも、肝臓の数値が悪いときは、すぐにでも対策を始めるべし!

 

肝臓の調子が悪くなると、さまざまなトラブルを引き起こします。
まずひとつが、「二日酔いになりやすい」という変化です。お酒を飲む方で、お酒に弱くなったと感じる方はもしかすると、肝臓の調子が低下しているのかもしれません。

 

また、お酒を飲まないからと言って油断はできません。
慢性的な眠気や、疲れやすい、気分が憂うつになるなど、日常生活に影響を及ぼしてしまいます。
このような症状があらわれ始めたら、肝臓の調子を疑ってください。そのまま放置していると、脂肪肝をはじめ、さまざまな肝臓病を引き起こしてしまいます。

 

肝臓病を防ぐために、おすすめしたいのが、サプリメントです。
サプリは有効成分が手軽に摂れるので、忙しい現代人の強い味方になります。

 

肝臓に良いサプリメントランキング

 

肝臓

きなりの特徴

きなりは厚生労働省が摂取を推奨するDHA・EPAを高配合したサプリメントです。

1日分の摂取目安の約半分をカバーできる配合量が最大のポイント。さらに、DHAやEPAを酸化から守るアスタキサンチンを含むクリルオイルを使用しているため、効果的に体内にDHA・EPAを取り入れることができます。
他にも、血栓を溶かす納豆成分のナットウキナーゼを配合しています。青魚や納豆に含まれる成分が詰まっていますが、独特の風味は気になりません。
これらの成分が、今増えている脂肪肝対策をサポートしてくれます。なお、血液サラサラに効果的であるため、生活習慣病対策になります。
初回は1,980円でお試しいただけます。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 初回定期
きなりの総評

(50代/女性)

生活習慣病対策のために毎日服用しています。最近は夫も一緒に飲んでいます。
すぐに変化が出るわけではないのですが、以前に比べると確実に体の調子が良い傾向にあると思います。
体の中からスッキリしている気がしますし、これなら生活習慣病対策になりそうと期待できます。

 

 

肝臓

レバリズム-Lの特徴

レバリズム-Lは、肝臓の健康に良い素材がギッシリと詰まったサプリメントです。

原材料の厳選から開発までに長期間かけて作られたこだわりのサプリで、その中には、海のミルクと呼ばれ肝臓に良い食材の代表格である牡蠣をはじめ、しじみやスクワレンを使用しています。
他にも、肝臓の解毒作用を助けるシスチンの他、ビタミンB2やビタミンEなどを配合。初回価格は980円です。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 初回価格
レバリズム-Lの総評

(50代/男性)

しじみや牡蠣の魚介類のにおいがほとんどありません。あまり魚介類が得意ではないのですが、これはクセがないので毎日続けられています。
最近は体の調子が良くなってきましたし、付き合いで夜遅くまで飲んでしまった翌朝もスッキリしています。

 

 

肝臓

肝パワーEプラスの特徴

肝パワーE+(プラス)は、発売より20年以上も経ちますが今もなお選ばれ続けている大ヒット商品です。

肝臓に良いとされる牡蠣の栄養素や、スタミナを増強させるにんにく、疲労回復に良い南高梅などを使用しています。それぞれ国産のものにこだわり、安全性からみても優秀。
これひとつで、タウリンや亜鉛、グリコーゲンなど肝臓に良い成分から、健康支えるアリシンやクエン酸などを補うことができます。お試し価格は980円とリーズナブル。

価格 980円
評価 評価4
備考 お試し価格
肝パワーEプラスの総評

(50代/男性)

いろいろ試しましたが、これが一番でした。
毎日飲んでいて、明らかに体の調子が違います。
最初はお酒を飲んでも飲まれにくくなり、二日酔いがなくなりました。
最近は疲れにくくなったように感じます。健康診断の結果も良かったので、やめる理由がありません。

 

要注意!肝臓は「沈黙の臓器」です!

肝臓

肝臓が、「沈黙の臓器」と呼ばれていることは知っていますか?
なぜこのような呼び方が定着しているのかというと、肝臓の性質にあります。

 

たとえば、胃腸が悪くなると、食欲不振や吐き気、嘔吐などの自覚症状が出ます。が、肝臓は調子が低下しても、自覚症状がありません。
肝臓は再生力にも優れた臓器であるため、そう簡単に自覚症状が出ないところが厄介な問題です。

 

自覚症状が出はじめたときには、だいぶ、肝臓の状態が悪化し、病気を発症しているリスクがあります。

 

たとえば、「強い眠気、肩こりや首こり、やる気が出ない、脂っこいものを受け付けない、ゲップが出やすい」などの症状が出たら要注意です。
肝臓は疲労を溜めこんで弱っていると、寝ても寝ても眠気が出るという症状が出てきます。睡眠時間をしっかり確保しても目覚めが悪いときは、もしかすると肝臓の調子が悪くなっているのかもしれません。
肝臓の調子が弱ると、筋肉の収縮力も低下してしまうため、肩こりや首がこりやすいなどの症状が出てきます。五十肩などと間違いやすいので気を付けましょう。

 

何らかの異変を感じた場合には、肝臓の調子が低下している可能性も疑い、まずは病院で検査を受けるようにしてください。

 

また、肝臓病は種類によっては完治が難しいものや、生死に関わる病気があります。
あらかじめ対策をしていくことも大切になります。
そのためにはまず、食生活を改善して肝臓にかかる負担を軽減させ、飲酒も見直しましょう。
体を温めて血行を促すことでも、肝臓の調子を高めることができますので、お風呂は入浴するようにしてください。
眠りも肝臓を休息させるために欠かせませんので、なるべく睡眠時間を確保し、できたら早寝早起きを心掛けてください。

 

 

肝臓に良いサプリの特徴や有効成分

肝臓に良い食べ物、食事とは

肝臓を健康にするためには生活習慣の見直しが必要不可欠です。
とくに食生活は、臓器の健康を左右する習慣です。
脂質の多い食事や多量の飲酒、暴飲暴食をしていると、当然、肝臓に負担をかけます。

 

肝臓を健康にするためには、肝臓に良い成分を摂ることが大切なのですが、食生活の改善も限度があります。そこで、現代人のお役立ちにアイテムが、サプリメントです。

 

肝臓に良いものを選ぶには、当たり前ですが、有効成分を配合していることが第一条件になります。
「タウリン、オルニチン、グリコーゲン、亜鉛、スルフォラファン」などが有効成分です。

 

とくに肝臓に良いと言われているのが、「牡蠣エキス」や「しじみエキス」を使用したものです。
これらは天然系であるため体にもよく、肝臓の働きをサポートするタウリンやオルニチン、グリコーゲン、亜鉛などを含んでいます。
昔から牡蠣やしじみは肝臓に良いと言われているように、これらの食材に含まれる成分を毎日摂れると、効果的に肝臓を健康にしていくことができます。

 

今話題を集めているスルフォラファンは、ブロッコリースプラウトに豊富に含まれる成分で、肝機能を高める働きがあると言われています。それだけでなく、健康自体に良いことで有名です。
ぜひ、これらの有効成分が摂れるサプリを活用してみてください。

 

 

肝臓の健康を考えたサプリ選びのコツと飲み方

 

臓器の中でも、肝臓は大きく丈夫です。再生力にも優れていて、全体の1/4を残して切除したとしても機能を果たすほどの性質を持っています。

 

しかし、だからといって、肝臓に負担をかけ続けると、肝臓は弱っていき身体全身にさまざまなトラブルを引き起こします。
場合によっては、生死に関わる病気を招く恐れもあります。
ところが、肝臓は丈夫であるがゆえに、初期段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため、進行してやっと気づくというケースも珍しくないのです。

 

健康を維持していくためにも、常に働く肝臓を労わることが大切です。
そのために役立つサポートアイテムがサプリメントなのですが、場合によっては逆に肝臓に負担をかけてしまうので気を付けてください。

 

肝臓に良いサプリメントを選ぶためには、有効成分の配合量だけでなく、その質も重要です。
「合成成分」と「天然成分」では、一目瞭然ですが、天然成分の方が肝臓に良い成分です。
合成成分ですと肝臓に負担をかけることがありますので、注意してください。
その見分け方として、公式サイトにも原材料が掲載されていると思いますが、たとえば、原材料に「タウリン」と書かれているものは合成の可能性が高いです。そこは、「牡蠣」や「しじみ」など、素材が記載されているものが理想的です。

 

肝臓の健康を考えるなら、天然系のサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

次にサプリメントの飲み方ですが、天然のものでも、過剰摂取は絶対NG行為です。

 

サプリメントの場合、健康補助食品に部類されるので、医薬品に比べると安全性も高く、副作用はありません。しかし、摂るほどに効果が増大することはありえません。

 

成分によっては過剰症として、思わぬ健康被害を起こす恐れがあります。

 

サプリメントは用法用量を守って利用してください。
より効率よく成分を補うためには、サプリメントは水や白湯で飲むこと、食後に摂る飲み方がおすすめです。

 

肝臓に良い生活習慣 気を付けたい3つのポイント

食生活

肝臓

食事では、「食べ過ぎ」「脂質の取り過ぎ」に気を付けてください。
お酒を飲まなくても、つい食べ過ぎたり、脂っこい食事ばかり摂っていると、脂肪肝のリスクが増大してしまいます。
食事は腹八分目を意識して、野菜を中心にバランスよく食べるようにしましょう。
また、食品添加物にも気を付けてください。過剰に添加物を摂り過ぎると、肝臓に置きな負担をかけてしまいます。

飲酒

肝臓

肝臓はアルコールを分解する働きもあるため、多量に飲酒すると、その働きに偏って、他の機能が疎かになります。さらに疲労を溜めこんで、肝臓はどんどん弱っていきます。
肝臓の調子を高めるためには、飲酒量を見直すことも肝心です。
数値が悪いときには禁酒をおすすめしますが、節酒するだけでも違いがあります。

睡眠

肝臓

肝臓は常に働いている臓器のひとつです。起きている間はずっと働き続け、眠りについても、消化活動など仕事が残っていたら、なおも働きます。
疲れたら休みをとるように、肝臓も休みを欲しています。そのためには、良質な睡眠が必要になります。
なるべく睡眠時間を確保して、十分に睡眠をとるようにしましょう。

肝臓に良い食べ物、食事とは最新記事一覧

肝臓が弱まり肝機能が低下し、病気を発症する原因は、アルコールだけではありません。「お酒はもともと飲まないから、肝臓が弱るわけがない」と油断していると、知らずの間に肝臓の状態が悪くなることがあります。注意してください。そもそも肝臓病の全体の割合をみると、お酒が原因ではないケースが多いとされています。お...
肝臓に効くスルフォラファンとは
肝臓に効く栄養素、有効成分はいろいろとありますよね。タウリンやオルニチン、亜鉛などが効くことで有名ですが、今話題を集めているのが、「スルフォラファン」という成分です。新成分とされているスルフォラファンは、肝臓に良いと話題になっています。そもそも、スルフォラファンとは一体どのような成分なのでしょうか。...
肝臓とメタボとの関係とは
日本国内でも肥満体質の人が増え、数年前に話題になり始めた『メタボリックシンドローム』、いわゆる「メタボ」と呼ばれる問題に悩んでいる人が多くなっています。実はこのメタボリックシンドローム(以下、メタボ)は、肝臓の機能や調子と関係しています。肝臓は臓器の中でも大きく、役割もたくさんあります。主な働きのひ...
肝臓に関わる指標の「ALT」とは
肝臓は臓器の中でもとくに大きく、再生力にも優れています。肝細胞が壊れても、すぐに再生されて修復される仕組みになっています。しかし、肝臓は調子が低下していくと、その再生力も低下して、あろうことか肝機能が著しく低下し肝臓が働かなくなることがあります。初期段階として脂肪肝などの肝臓病を発症しますが、それ以...
薬物療法による肝臓への影響とは
肝臓というと、お酒の影響が大きいイメージが定着しています。しかし、肝臓病全体の割合をみると、お酒が影響するアルコール性はそれほど高くありません。アルコールは影響しますが、それだけが原因ではないので、お酒を飲まない人でも注意が必要です。食事のとり過ぎ、脂質や糖質などの過剰摂取も肝臓を弱らせてしまいます...